• English
  • Korean

大徳寺 昭輝

1963(昭和38)年、東京生まれ。

18歳の時に自らの道に目覚め、書、歌、舞などアーティスト活動や講演、ツアーなどを通 じて、大自然の愛、生命の素晴らしさを伝えると共に、人の心や才能を生かす道を教える。

1985年、作家芹沢光治良に師事。その出会いから芹沢光治良著『神の微笑』(新潮社)に始まる8冊の神シリーズが生まれた。

1990年、銀座・鳩居堂で『大德寺昭輝展-東方の光』(書画展)を開催。以後、毎年クリスマスの時期に開く個展は恒例となる。これまでパリ、ニューヨーク、北京、国内各地で個展を開催。

1992年、コンサート活動を開始。全国各地でコンサートやライブを開催。これまでにCD『天国に続く道』(東芝EMI)、『陽気に』(光有堂)をリリース。
2006年10月よりラジオ日本他で週に一度、朝の番組『大德寺昭輝の天の夢』ラジオドラマ「ヤマトタケルノミコト」のパーソナリティをつとめる。

著書に『天の光』『21世紀の風』(大法輪閣)、『幸長』『kokoro』『Angel to Angel』『いのちの光』『愛をこめて』(春秋社)、『光乃紡ぎ』(光有堂)、『愛に抱かれて』(春秋社)など。

神奈川県湯河原の自宅を8の日(8、18、28日)に開放し、訪れる人と祈りやおはなしの時を過ごす。

先頭に戻る

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

COPYRIGHT(C) DAITOKUJI.com All Rights Reserved.